100均のチップスメーカー

ダイソーのチップスメーカーでポテトチップスを作りました!

じゃがいもだけでなく人参やさつまいも、カボチャなどの野菜もチップスに出来て食べられるので手軽に野菜が摂れます。

お子さんと一緒に作っても楽しいですね。ママの手作りポテトチップス!売っているポテトチップスよりも味があっておすすめです。

ダイソーでの売り場や、チップスの作り方のコツや加熱時間など詳しくお伝えします。

ダイソーチップスメーカーの使い方!

野菜をスライスしてチップスメーカーに並べて電子レンジに入れるだけです!

●野菜をスライスします。
100均のポテトチップスメーカーの使い方野菜をスライスする

じゃがいもを1cmぐらいの厚さにスライスしました。
じゃがいもをスライス

 

●キッチンペーパーで水気をとります。
チップスメーカーの使い方じゃがいもは水気をきる

重さを計って、加熱時間の目安の表があるのでそれを目安に電子レンジでの加熱時間を決めます。

加熱時間の目安

500w 600w 700w
約60g 約6分 約5分 約4分
約100g 約9分 約8分 約6分

800w以上は使用しないでくださいとの記載がありました。

 

●そしてチップスメーカーに並べます。
じゃがいもをチップスメーカーに並べた
これでじゃがいも1個分になります。
空いた部分にさつまいもも一緒にいれてみました。

 

●そして電子レンジで加熱します。
加熱目安表によると600Wで8分となっていたのでその通りに入れました。

が、、、

まだまだパリっとはせずにも水気がたくさんだったのでもう1分追加で加熱しました。

それでもまだしっとりした状態でどこまでやればいいのか分からなかったので食べて見ました。うーん、まだパリパリしないです。もう少しやってみました。

さらに追加で1分加熱してみたら、パリッとしました!!

結局合計で、600Wで10分電子レンジで加熱しました。

やりすぎるとじゃがいもが焦げて茶色になってしまうので、30秒刻みぐらいで様子を見ながら追加したほうがいいと思います。

●注意点!
10分以上続けて加熱してはいけないそうです!
10分以上やる場合は野菜を冷ましてから再度レンジに入れてください。

野菜が焦げると、焦げた部分が高温になってチップスメーカーが溶けてしまうので、もし焦げてしまったらそれは取りだしたほうがいいです!

 

ダイソーチップスメーカーで作ったポテトチップスの味は?

何と!ポテトチップスになってました~!!!
ダイソーのチップスメーカーで作ったポテトチップス

驚きです!

途中で食べた時はまだ水分が抜けていなかったのでべちゃっとして、やっぱりこれはどうかな~?!とあまり活躍はしないかもな~と思っていてのですが、

水分がしっかり抜ければ美味しい!!

塩を振りかけて食べたのですが、何もなくても美味しく頂けました。

じゃがいもの素材の味がしてシンプルでとても美味しいかった。

揚げてない分のカロリーは少ないですし、おやつに食べても罪悪感がなく食べれます。

でも、小学生の子どもは何だか味気ない、油が欲しいと言っていました。

 

ダイソーチップスメーカーのアレンジレシピ

●さつまいもを作ってみました。
スライスがちょっと大変でした。
でもじゃがいもほどは水分を含んでいなかったので、割とすぐパリッとなって食べやすかったです。
チップスメーカーでさつまいもを作ってみた

ほのかな甘みが感じられて味付けはなしでも十分食べれました!

パリパリで美味しく食べられましたが、個人的な感想としてはさつまいもは甘味が増す焼き芋が好きだなと思いました。どちらも火を通すだけで味付けや調理はしないのですが、食べた後の満足感が大きいのはは焼き芋ですね。

 

●人参はスライスも簡単でやりやすいです。
ただ、小さくしないと乾燥するまでに時間がかかるので小さめにきるほうが早く出来上がります。そのままで味付けなしで食べられました。感想としては可もなく不可もなくといった感じでしたね。子どもがこれを食べてくれたらいいのですがあまり進まない様子でした。やっぱり揚げたほうが好きみたいです。

 

●かぼちゃは、
スライスが大変でもうやりたくないかも…
上手なきり方があるのか分からないのですが、とにかくきってからのスライサーが大変でした。でも味は甘くておいしかったですよ!均等にスライス出来なかったのでパリパリの部分と少ししっとりの部分が1枚に混在してました…同じ厚さにきるのが難しかったですね。

 

ダイソーチップスメーカーで失敗?!コツはこれ!

失敗は、加熱が足らない場合と加熱し過ぎの場合があります。

●加熱が足らない場合
初めて作る時はどのぐらいまで加熱したら良いのが判断が難しいので、あと少し加熱したらポテトチップスになったかもしれません。

なので、じゃがいもが最初はキレイな丸でレンジに入れますが、ぐにゃっと変形してきたらあと少しの目安としてみるといいと思います。電子レンジから出してみてパリパリになってなかったら、20秒ぐらいずつ加熱をしてさらに加熱中も様子を見ながらやるのがおすすめです。

●加熱し過ぎの場合
やりすぎると焦げてしまうんですよね。
なので最初の加熱時間を1分ぐらい短めにして、そこから少しずつ加熱します。

中の様子を見ながら少しずつ加熱していきます。

●コツはこれ!

食材の水分をキッチンペーパーなどでしっかりとっておくと乾燥しやすくなります。

スライスしたら何回か水気をとります。そうすると失敗は少なくなりますよ!!

あとは、もし余裕があればですが、間を空けてセットすると失敗しにくいです。

全部にセットしてもできなくはないのですが、間を空けた方が早くパリパリになりますよ。

ダイソーチップスメーカーのメリット・デメリット

●デメリット
特にないですね。
本当に今の時点ではないです!

●メリット
野菜がそのまま食べられる!

油を使っていない分ヘルシー

罪悪感がなく食べれる!

自宅で簡単に乾燥野菜が作れる

ダイソーチップスメーカーまとめ

・じゃがいもがパリパリして本当にポテトチップスみたい!

・素材の味を楽しめる

・油で揚げてないので罪悪感なく食べられる!

・野菜の栄養が手軽に撮摂れる。